NMN
ヒト肝細胞

NMNは、酵母や酵素の研究から発見されたビタミンに近い物質です。近年、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)との関わりが報告され、世界中の研究者が注目しています。

IKでもNMNやヒト幹細胞を用いた美容液の開発をしています。

若々しいエネルギーを生産する鍵となるNMN

NMNは体内に吸収されたのち、すべての生物の身体機能を保ち、若々しいエネルギーを維持する役割をもつ補酵素に変換されます。しかし残念ながら、その補酵素は年齢とともに体内から減少するため、エネルギー量も低下してしまい、生物は衰えていきます。歳を重ねることは避けられませんが、いつまでも元気に活動するためには、エネルギー生産量の低下を防ぐ必要があります。

なぜNMNが良いのか?

エネルギー量に大きく関係する補酵素は加齢とともに減少していきますが、分子構造が大きいため、摂取しても体内に吸収されにくい物質です。そのため、体内で補酵素に変換するNMNを補うことが効率的なのです。

国内外で注目されるNMN

アカデミックな分野だけでなく、メディアでも取り上げられるようになったNMN

世界中の研究者による報告が相次ぐNMNは、アカデミックな分野だけではなく、テレビや雑誌などメディアでもその魅力を多数紹介されています。日本国内では、NHKの番組等で取り上げられ、NMNの研究結果が伝えられました。